CUBEリノベーション

Home > 住居・家屋 > CUBEリノベーション

千葉のリフォームはマンション・一戸建もキューブリノベーションへ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉・埼玉でリフォームをするならキューブリノベーションで。マンションリフォーム、オール電化、外壁、バリアフリーなどの施工を千葉・埼玉を中心におこなっています。お客様の満足を第一に考えて、安心・安全の住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。

洗面台は毎日必ず利用するスペースだけに快適に使用できる環境が望まれます。また気持ちよく利用するためには開放的な雰囲気や明るさ、デザイン性なども重要なポイントとなるでしょう。その一方で水を利用することもあって経年のよる劣化な衛生環境の悪化といった問題が起こりやすい面もあります。そのため新築住宅でなくても洗面台を購入・交換するケースも少なくありません。リフォーム・リノベーションが普及した影響もあって洗面台の交換が人気を集めている状況です。 そんな洗面台にはいくつかの種類があります。使い勝手はもちろん、デザイン、機能性などそれぞれ特徴を備えており、洗面所のスペースといった設置事情やデザイン性への好みの違いによってそれぞれ向き・不向きが出てきます。 もっとも一般的なのは据置きのユニットタイプ。洗面用のボウル、鏡、収納キャビネット、照明器具、電源などがセットになっています。もっともコンパクトなので設置するスペースが限られている環境でも導入しやすいほか、本体価格・設置価格ともにそれほど高額にならないといったメリットもあります。かつてこのタイプはデザイン性に難があるといわれていましたが、現在ではオシャレなデザインも増えています。 それからシステムタイプ。より大規模な設備で収納スペースが多く、洗面ボウルの位置やカウンタの場所を自由に調節することができるものが多いので室内全体のバランスを考慮したうえでコーディネートを行うことができるのが魅力です。システムキッチンと共通している部分が多く、ユニットタイプに比べると本体価格・設置費用ともに高額になってしまうのがネックですが、デザイン性と機能性の両方を追及できるタイプです。リフォームの際によく導入されます。 コンパクトを徹底したタイプとして人気を高めているのがカウンタータイプ。必要最小限の設備だけをコンパクトにまとめたタイプで、収納スペースは限られますが、ユニットタイプとは違い高さや奥行きなどを自由に設定できるタイプが多く、こだわりやデザイン性にこだわる方に向いています。1~2人暮らしの世帯の間でとくに人気を得ています。洗面台の設置や交換を検討している方はこうしたタイプ別の特徴をよく調べた上でどれが一番魅力的か、向いているのかを検討してから判断してみてはいかがでしょうか。

注目キーワード

リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
<関連情報:リフォーム 千葉