DoctorUP

Home > サービス事業 > DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

その病院は地域医療の要だった。病院内は近隣市町村の人々でいつもごったがえしていたし、予約の時間が大幅にずれ込むこともしばしばだった。待合室の表示板には自分の番号が掲示されることになっている。現在診察中の番号、診察待ちの番号がズラリ。その番号がどの辺りにあるかで、だいたいの自分の診察時間の目安が付けられるのだ。 待つことを想定して、私は本を持参してきていた。けれども1行2行読んだところで集中が途切れてしまう。病院内のざわめきのせいなのか、自分の診察がまだであることへの不安からなのか、よくは分からない。私は本を閉じて、待合室を見るともなしに見る。車椅子に乗せられたご老人がゆっくりと私の前を通り過ぎていく。 医師にも色々あるだろうが、この病院の先生は少なくとも決まった時間に食事を摂ることは出来ない。診察待ちの人数を見れば容易に想像がつく。こうした外来の診療に加え、手術があればそれもこなしていくのだから、医師というのはやはり激務だ。自分の仕事を省みても、そこは断言出来る。私がいくら忙しくても、そこに人の健康や命は関わってはいない。でも医師は違う。この差は決定的だった。 彼らがどの程度の給料を得ているのか、私は知らない。でも私の上司は確定申告の時期が来ると領収書のチェックに忙しくしているし、私だって医療費の合計金額を確認することになるだろう。医師である彼らだって、そうする権利はあるはずだ。もし彼らが自分の出来る範囲でマンションか何かに投資をし、その結果収入を得ようと節税につなげようと、それは彼らの自由だ。私の知り合いだって、賃貸マンションを経営しながら相続税対策をやっている。その時診察中の表示が一瞬消え、私の番号が瞬いた。こんなに忙しくて、確定申告に行く時間があるのだろうか、そちらの方が気にかかる。

注目キーワード

救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。