リフォームお助けマン

Home > 住居・家屋 > リフォームお助けマン

京都市・向日市のリフォームお助けマン|蒲原工務店


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お客様のご要望に全力投球!!京都市・向日市のリフォームなら蒲原工務店におまかせください。よくあるご相談、施工事例、業者の選び方、費用の目安などを掲載しています。

住んでいる家を建て替えることなく内装や外装を変えることできれいな状態に戻したり、よりよい環境へと改善することができます。これを一般的にリフォームと呼んでいますが、その方法やアプローチによって内容に大きな違いが見られます。 とくに大きいのは一般的な意味で使用されるリフォームと模様替えの違いです。前者は改築、後者は改装とも呼ばれており、リフォームを検討する場合にはどちらを選ぶかをよく検討したうえで判断する必要があります。 この世間一般で言うところのリフォームと模様替えとの間にある大きな違いは「家にどこまで手を加えるか」です。模様替えの場合は基本的に家の設備に手を加えることがないのに対し、リフォームの場合は新しい設備を導入したり、壁を取り除いて間取りを広くしたりといった手を加えるのが大きな目的となっているのです。 当然、この違いは工事の内容にも大きく影響します。模様替えの場合はそれほど大掛かりな工事が行われることはありませんが、リフォームの場合は内容によってはかなり規模の大きな工事が必要になります。たとえばキッチンやバスを全面的にリフォームする場合には工事が終了するまでは使用することができませんし、メインの工事が行われる間は家そのものに住むことができないケースも出てきます。 この点は両者のメリットとも深く関わってくるでしょう。模様替えの場合は内装や外装を壁紙の張替えや塗装のやり直しなどによって比較的簡単に環境をよくすることができるのに対し、リフォームはキッチンやバスなど工事を行った部分の環境を大幅に変更することによって環境をよくすることができます。そのためリフォームの方がその後の生活への影響や改善効果が大きくなるのに対してどうしても費用がかかります。 このように「どこまで今の環境を変えたいのか」によってリフォームと模様替えのどちらが適しているのかが変わってきます。費用の問題だけでなく、その後5年、10年と住み続けたときにどうなっているのかも考慮したうえで模様替えで済ませるか、リフォームで大胆に変更するかの判断が求められるでしょう。

注目キーワード

リフォーム詐欺
高齢者を狙い、自宅のリフォームを勧め、法外な暴利を貪る詐欺。 平成17年頃から社会問題となる。
悪質住宅リフォーム
→悪質リフォーム
<関連情報:京都市 リフォーム