株式会社シグマテック

Home > サービス事業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

衣服などを染めるのに使用する染料にはさまざまな種類があります。かつては自然由来の染料を使って染められていましたが、現在では化学染料が広く用いられており、コストの面でも安くなっただけでなく、調液によってさまざまな色を出したり、色鮮やかな色合いにしたりすることができるようになっています。 現在広く使用されている染料にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が見られます。色合いはもちろん、作り方、さらに洗濯や日光からの耐久性などさまざまな面で違いが見られるため、衣服を購入する側にとってもどんな染料が使用されているのか、どういった特徴が見られるのかをよく確認しておく必要があります。 染料の中でもっとも手軽に染めることができるのが「直接染料」と呼ばれるものです。これは基本的に調液などの作業は必要とされておらず、もともともの染料をお湯や水に溶かすだけで染めることができます。この工程を「直接染めることができる」と表現することから直接染料という名称がつけられています。 一方染色工場においてもっとも広く用いられているのが「反応染料」です。鮮やかな染色ができるのが大きな特徴で、工場での作業がしやすい点が大きな魅力です。製造コストを抑えられ安価な製品を提供できる点もこのタイプの大きな魅力でしょう。 それか微妙で複雑な色合いを表現できる方法として用いられているのが「硫化染料」と呼ばれるもので、調液によって硫化ナトリウムを染料に加えている点が大きな特徴です。不鮮明な色合いになるため見栄えの点ではやや劣るものの、味わいのある色合いになるのが大きな特徴です。 それから世代や性別を越えて人気が高いのインディゴを染める際に使用されるのが「バット染料」と呼ばれる方法で、強い還元剤を使用することで酸化させて発色させる方法です。 このように製造方法、調液などによって染料はさまざまな種類に分類されます。こうした種類ごとの特徴を知っておけば衣服選びだけでなくさまざまな場面で役立つことでしょう。

注目キーワード

食品リサイクル
リサイクルショップ
古物商の一種。中古品や未使用品などを売買する業態の店舗のことを指す。主に家電や衣類などを取り扱っている。 日本では開業する場合、古物営業法によって店舗がある都道府県公安委員会(窓口は警察署)の許可が必......
<関連情報:調液