株式会社シグマテック

Home > サービス事業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

シグマテックでは医薬品の製造設備を設計・製作しています。 その医薬品設備と私たちのかかわりなどを少し考えてみたいと思います。 世界中のほぼ全ての人はこれまでに全く病気をしたことがないということはないでしょう。 聖書によれば最初の人間アダムは妻のエバとともに完全な人間として神に創造されたが、 禁断の木の実を食べて以来、その完全さは失われ、 病気も死も受け入れなければならなくなった、とあります。 要するに、人間は誰しもがいつか健康を失い死に至るのです。 そのため幼少の頃から様々な医薬品にお世話になっているのです。 小さな子供であれば予防接種が欠かせません。 またアトピー性皮膚炎や小児喘息などを患う場合も非常に多いですね。 そして活発に運動をすると怪我をすることも多くあり、 傷薬や湿布薬などもよく使用します。 多くの方は現代病とも言える花粉症アレルギーを発症しますので、 そのために薬を服用します。 慢性の片頭痛や皮膚炎などにより日ごろから常に薬をバッグに忍ばせている方も多いことでしょう。 しかし、その一方で医薬品による副作用などで苦しい思いをする方もいます。 薬には多少なりとも副作用があります。 その副作用を極力防ぐために薬の添付文書や処方箋に記載されている、 用法・用量をきちんと守る必要があります。 このように私たちの生活に欠かせない医薬品ですから、 その開発や製造がいかに重要であるかが理解できます。 その医薬品の製造設備には寸分たりとも狂いのない正確な動きが求められます。 安全で安心な医薬品を確実に製造してもらえるのは本当にあり難いことです。 また、こうしている今でも難病に苦しむ多くの患者さんがいらっしゃいます。 現在は多種多様な医薬品がありますが、まだまだ十分ではありません。 一刻も早く新しい医薬品が開発され、難病が癒されるようになることを願って止みません。

注目キーワード

家電リサイクル法
エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機等をリサイクルする為、捨てる時に費用がかかる法制度。 正式には、特定家庭用機器再商品化法。 小売業者、製造業者等による家電製品等の廃棄物の収集、再商品化等に関し、これ...
自動車リサイクル法
2002年に成立。メーカーに自動車の再資源化を義務付け、新車の購入者から購入する際に約二万円を徴収する。2005年1月1日施行。 Refer 使用済自動車の再資源化等に関する法律(平成14年法律第87号)