株式会社黒柳建設

Home > 建築設計 > 株式会社黒柳建設

注文住宅なら東京の工務店【黒柳建設】外断熱・長期優良住宅


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

木造の注文住宅を東京で建てるなら小金井市の黒柳建設にお任せください。涼温な家・涼温換気SA-SHEの家で、住み心地良いの健康的なエコハウスをご提供いたします。優れた外断熱の注文住宅をお考えならぜひ一度お問い合わせください。

大学時代の友人である吉川が相談したいことがあるといって電話をかけてきたのは 先週の木曜日の勤務中のことだった。 吉川は大学を卒業後、北海道札幌市の食品メーカーに就職し、かれこれ10年が経とうとしている。 出張で今週、東京に来るということなので時間を作って合うことにした。 吉川が宿泊しているビジネスホテルがある品川の焼鳥屋で落ち合った。 彼は学生時代から焼き鳥には目が無かったので格別に旨い炭火焼の焼き鳥を出す店をチョイスした。 以前、会社の先輩に連れてきてもらって感動した店だ。 夕方の6時半だったが既に一杯やっているサラリーマンで店は賑わっていた。 吉川の話を要約すると、彼はまだ独身なのだが 都内でパン屋を営んでいる両親は現在70歳を過ぎ体調が心配だという。 吉川には2歳離れた妹がいるが、彼女は既に嫁いで関西に住んでいるそうだ。 そこで彼は会社を辞めてパン屋を継ぐことを考えているらしい。 そのことは特に問題がないらしいのだが、悩んでいるのは住まいのことだ。 吉川の両親が住んでいる実家は昭和40年代に建てられたものでかなり老朽化しているらしい。 そこで実家を改修するか、新しく注文住宅を東京のどこかに建てるかを迷っているらしい。 実家を改修するのは費用が少なくて済むが将来的には長期に住むことが難しいかもしれない。 新築を建てるには費用面も心配だが、 何より両親が住み慣れた家から離れることで精神的に負担が増えるのではないかと心配をしている。 私が話を聞いて真っ先に頭に浮かんだ考えはこうである。 両親がなくなった後に住み続ける吉川のことを考えると実家の改修より新築の方がいい。 そして今の実家を壊して、その土地に注文住宅を建てることだ。 そして両親が暮らしやすい平屋にすると費用面でも抑えられる。 このアイデアを吉川に話すと彼の顔つきが少し明るくなったように思えた。

注目キーワード

中古住宅
使用した住宅
公営住宅
地方公共団体が国の補助を得て建設し、賃貸する住宅。 県営住宅、市営住宅など