特注看板.com

Home > 嗜好 > 特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

道路工事の現場には必ずと言っていいほど工事灯が置かれてあります。 工事灯とは歩行者や車の運転手などに工事中の危険な場所をいち早く知らせるためのもので、特に夜間の時間帯には暗闇で明るく点灯・点滅するので非常に目立って分かりやすくなっています。 別の呼び方としては「セーフティライト」とも言われます。 最近の工事灯で人気のものは、カットコーンの上部に差し込んで使用できるタイプが多く、中でもソーラー充電式のものが一般的になってきました。 ソーラー充電式の工事灯がもてはやされている理由は何なのでしょうか。 それは工事灯のための電源を必要としないことです。 ソーラー充電式なので日中に充電した電気で夜間に点灯・点滅させることが出来るのです。 工事灯によっては、雨や曇りなど無日照の日が続いたとしても1週間や10日間の点灯・点滅を続けることができます。 また工事灯で人気なのは拡散LEDを取り入れているタイプです。 LEDなので当然、電球は長持ちします。 しかも拡散するので、従来のタイプに比べると視認性が断然アップします。 さらに4方向へLEDを設置しているタイプであれば、360度に対して注意喚起をすることが出来ます。 工事現場はとにかく危険です。 大型のトラックや重機類の出入りはもちろんですが、 鉄骨、鉄筋、材木、砂利など重量のある荷物の運ぶ込みも頻繁にあるかもしれません。 また、地面に大きく穴を開けて工事を行っている場合もあり、落下や転倒の危険があります。 さらにビルなどの建物の工事現場においては、足場の組み立て時にも落下物の危険が大いに考えられます。 もちろん工事現場には法律に基づいて規定された箇所に必要な人数の警備員、交通整理員などが配置されているはずですが、 人間の視覚や行動は完ぺきではありませんので、 十分に目立つ工事灯で人々を危険から守る必要があります。

注目キーワード

野立て看板
主に鉄道沿線の田んぼの中に、鉄道旅客に対する広告のため立てられている看板。「727化粧品」とか。 「野建て看板」とも。
看板描き
看板を描くこと。または、看板を描くことを職業とする人。 「看板書き」との違いは、「看板書き」は主に字を書くが、「看板描き」は絵をかくことを含むこと。
<関連情報:工事看板