DRERICH

Home > サービス事業 > DRERICH

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪など全国6店舗運営のdrerich


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!2泊3日ドレス・靴・バッグ小物フルレンタル16500円。NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。

結婚式を挙げるにあたり、新婦になる人は当然素敵なドレスを着てみたり、ドレスではない場合には着物を着たりします。特に多いのがウェディングドレスの着用やカラードレスの着用になります。これらのドレスは基本的には自分たちがこれから結婚式を挙げる結婚式場でドレスレンタルをすることになるでしょう。式場以外でもドレスレンタルを行っているところはたくさんありますが、自分たちが結婚式を挙げる結婚式場でドレスレンタルを行った方がリーズナブルな料金となります。割引価格のようなものが適用される可能性が高いからです。東京にはとても多くの結婚式場があり、東京の結婚式場を利用して結婚式を挙げるカップルはとても多く、自分たちが結婚式を挙げる会場でドレスレンタルをする人は圧倒的に多いのが現状です。ですから、結婚式場を東京で探す場合は、挙式会場や披露宴会場や控室、さらには結婚式場の立地等を考慮して借りるのも良いですが、それに加えてドレスレンタルをする可能性が高いわけですから、充実したドレスが揃っているかどうかもきちんと確認しておきましょう。一番良いのはまずインターネットを使って結婚式場を探し、その後、結婚式場で行っているブライダルフェアへ参加することです。ブライダルフェアに参加すれば、その段階でどれだけドレスが充実しているかわかります。自分の目できちんとドレスの内容を確認しておけば、どれだけ自分が着たいドレスがあるかわかります。最近は結婚式場のホームページも実に充実していますから、ホームページをチェックするだけでも、ある程度のことはわかるでしょう。しかし、結婚式を挙げるのは基本的に一生に一度ですから、ホームページだけの情報で会場を決めてしまうのはあまりよくありません。きちんと自分の目でみて決めることが重要です。ブライダルフェアは定期的に行っている会場が多く、しかも基本的には費用は発生しないので、おすすめです。

注目キーワード

突撃洋服店
「モード」を提案してくれる古着屋さん。 神戸 ・旧居留地の本店(場所はここ) 東京 ・渋谷店(場所はここ) ・rokki(ロッキ)(場所はここ) ウェブサイト http://www.totsugekiyofukuten.com/
洋服
*意味 西洋風の衣服のこと。⇔和服 *「洋(西洋)」を指す日本語 洋風、洋式、洋学(蘭学)、洋医、洋算、洋紙、洋書、洋画、洋楽、洋舞、洋装、洋裁、洋針、洋酒、洋食、洋菓子、洋室、洋船