JAPANDOGACADEMY

Home > サービス事業 > JAPANDOGACADEMY

ドッグトレーナースクールは専門学校の『ウィジードッグアカデミー』


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナースクール、専門学校ウィジードッグアカデミー。ドッグトレーナーやドッグセラピストを目指す人へのカリキュラムが充実、ドックスペシャリストを養成する専門学校です。無料学校見学・説明会も実施中!ぜひお越しください。

ドッグトレーナーと言いますのは、家でペットという形で飼育されている犬を預かって、暮らしをさまざまなトラブル無く過ごすことができるようにするためにしつけを務める職業になります。 無駄吠えに効果的な対策、トイレトレーニングそれから、クレートトレーニングといった問題行動を前もって阻止するトレーニングがドッグトレーナーの仕事の主体になっています。犬との関係性については、親子に例えられています。ときに非常に厳しく、ときにソフトに接して犬のしつけをしていきます。 ドッグトレーナーになることそのものは困難ではありません。トレーナーには国家資格が無いため、名乗ればどんな人でもその日から肩書きを持つことが不可能ではありません。 仕事につきましては、人間と犬が一緒に日々を過ごすためのしつけを教える事といえます。全く資格もなくいきなり名乗っても信頼性が非常に低いので、愛犬を預け入れたいと考える人は少ないといえます。仕事を担うには、資格がありましたほうがアドバンテージになります。 信頼性のある団体から資格を認定して貰えば、一個人で仕事を請けやすくなりますし、ドッグランといった関連施設に採用されやすくなります。団体に資格を認めてもらうには、スクールなどでそれなりのプログラムをこなした上で試験を受けて、パスする結果を出すのが通例です。スクールのプログラムに関しては専門学校で勉強できるものから、通信教育で知識を得ることができるものまで多種多様です。 それに加えて、スクールのプログラムの中身やレベル、受講料金なども認定する団体によって差が出てきます。ドッグトレーナーの通信講座、あるいは専門学校の主だった学習の中身についてですが、まず犬に対してのリーダーシップのとりかた やハンドサインそれから、コマンド を勉強します。さらに、褒め方及び叱り方、犬の表情の読み方などがあります。 いずれも犬をトレーニングするために最低限でも自分のものにしておくべき中身です。

注目キーワード

犬小屋
室外犬をペットとして飼う際に、犬の住居として用意する小屋のこと。ドッグハウス。
警察犬
警察が犯罪の捜査、遭難者の捜索などに使う犬。 シェパードが多い。
<関連情報:ドッグトレーナー スクール