ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス事業 > ジャパンドッグアカデミー

【受講生・卒業生たちの声】ドッグトレーナー・ドッグセラピスト専門学校 ウィジードッグアカデミー


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナー・ドッグセラピストを目指すならウィジードッグアカデミー。こちらのページでは、実際にドッグセラピスト・トレーナーとなった卒業生の声と共にウィジードッグアカデミーが選ばれる理由を説明しています。

愛犬のケアに、こうした考え方の飼い主からは、ドッグセラピストの資格が人気取りしています。セラピーやセラピストとは、愛犬の健康増進や美容に役立てようとする自然療法士を指し示しています。人間同様、愛犬にも心があり、体に優しく働きかけるリラクゼーションやリフレッシュなどに活用できる、そうした知識や技術を持つのがドッグセラピストという存在です。協会指定の認定教育機関が行う教育訓練がありますが、最近では通信講座などでも手軽に、誰でも取得ができるようです。健康管理、病気に関する知識、グルーミングやドッグアロマなど、ペットと飼い主のより良い関係づくりにも活用できるようです。動物病院にも、ペットショップにも、さらに最近だと、ペットシッターなど、愛犬だけではないワンちゃんと携わるフィールドには、必ずドッグセラピストが籍をおいています。中でも、需要増となるのはペットサロンでしょう。ワンちゃんは、常に飼い主に服従しています。人間以上に物言わぬために、ストレスを抱えているとも言われています。それが、毛並みに影響したり、甘噛みやムダ吠えとしてサインを出しています。ストレス解消には散歩、ドッグランがあればよいものの、なかなか設備は充実していません。美味しいドッグフードを与えるのも一つの手ですが、肥満犬となるケースもあります。そこでドッグセラピストによるアロマトリートメント、グルーミング、健康美食になるレシピなど、的確にアドバイスできる有資格者が注目されるようになりました。心身のバランスを整えるドッグアロマは、成犬から老犬にも利用可能です。人間同様に、老犬には最期の時にもこうしたトリートメントを施すことがあるようです。このことにより、痛みなどを緩和させ、その瞬間を労ることに努めることができると言われています。幸せな生活を送れるように、また、幸せであったと感じられるように、サポートできるのもドッグセラピストの力でもあるようです。

注目キーワード

柴犬
日本古来の犬種。日本犬種内唯一の小型犬。 国の天然記念物に指定され、常に人気のある犬種。 引き締まった小ぶりな体と、巻き尾が魅力的。 毛色は赤が一番多く、黒、白、胡麻などがある。 海外でも人気が高い。 「...
負け犬
いわゆる「30代以上・未婚・子無し」の人間をさす。 酒井順子が『負け犬の遠吠え』((ちなみに著者自らを負け犬と認めており,「弱さを認めた犬のようにお腹を見せておいた方が�犬⑯廚ぁ廚�30代独身女性(キャリア女性......
<関連情報:ドッグセラピスト