アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

フランス語 会話|アテネフランセ


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語で会話したいならフランス語学校、アテネ・フランセへ。全くの初学者から上級者まで、目的とレベルにあった講座を用意しています。フランス語を学びたい皆様のご登録をお待ちしています。

他の方々は、スクールなどに通ってフランス語の会話を学んでいます。スクールに行けば、その言語での会話経験を積めるメリットは大きいです。話す経験を積んでおく方が、現地でも自信を持ってフランス語で話せるからです。ただしスクールは、ある程度慎重に選ぶ方が良いでしょう。できるだけ良いスクールを選んでおくに越した事はありません。どうやってスクールを選ぶのが良いかと言うと、例えばスクールの年数です。各スクールは、それぞれ創業年数は異なります。できて間も無いスクールもあれば、開講してから100年近く経過している所もあります。おすすめは、後者のように創業年数が長いスクールです。年数が長いという事は、多くの方々にその言語を教えた実績もある訳です。ノウハウも蓄積されていますので、分かりやすく指導してくれると見込まれるからです。逆に、創業年数が短いスクールの場合は、まだノウハウの蓄積が不十分な可能性があります。ですから各スクールを比較してみて、年数が長い学校を選んでみると良いでしょう。それと交通アクセスや通いやすさです。その点も、意外と軽視できません。スクールは、日本全国の色々な場所にあります。ただスクールによって、通いやすさも異なる訳です。少なくとも、駅からの距離は異なります。駅から歩いて1分程度のスクールもあれば、10分ぐらいは歩くスクールもあります。駅に近いスクールの方が、もちろん通いやすいです。スクールがあまり遠いと、フランス語の学習も続かなくなってしまう可能性があります。遠いスクールまで通い詰めるのも、大変だからです。ただ幸いにも、フランス語の会話を学べるスクールは、たいてい見学できます。実際にスクールに足を運んで、遠いかどうかを見極める事もできますし、校舎の雰囲気も確認できる訳です。見学してみれば、どのような講師が居るかも確認できます。ですからその言語のスクールを選びたい時は、見学してみると良いでしょう。

注目キーワード

フランス語検定
→実用フランス語技能検定試験
フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...
<関連情報:フランス語 会話