誠友堂

Home > 仕事 > 誠友堂

事例紹介 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

財産を確保する上で、金をストックしておく事は、とても素晴らしいことです。現金を所有しておくよりも、数年間にわたって値上がりが続いていることを考えれば、非常に有意義な選択肢だと言えるでしょう。ただ、まとまったものをそのまま売却、もしくは贈与してしまうと、大きな塊であれば、それ相応の大きな税金がかかってしまいます。なので、大きな塊として確保している場合は、錬成して、小分けにするのも、1つの重要なテクニックです。節税を目的として小分けにする人も、実際にはたくさん存在しているでしょう。その場合は、小分けに錬成してくれる業者をピックアップすることが重要となります。実際に金の節税に詳しく、スムーズに小分けにしてくれる業者は全国規模で見れば、非常に多く見つかるので、金を大きな塊で持っている人にオススメです。もし身の回りで、詳しい人がいる場合は、その人から業者を教えてもらうと良いでしょう。単純に金属を中心に取り扱っている業者だけではなく、骨董品などを取り扱い続けている業者の中にも、節税目的で小分けにしてくれる業者が存在しています。地元でその類の業者に心当たりがない場合は、インターネットなどを利用して、依頼できる業者を探してみるのもオススメです。ネット上なら、口コミが確認できる情報サイト、そこに加えて人気ランキングサイトなどもあるので、うまく調べてみましょう。頻繁に名前が見かけられるような業者であれば、利用されている可能性はかなり高いです。ホームページを見れば、節税をするためにどのような手順になるのか、それが記載されていることがあります。貴重な参考材料になるので、金の節税をする仕組み、そして小分けまでの手順などは、声をかける前に把握しておくと良いでしょう。当然ながら、錬成してもらい、小分けに完了させるまで、それなりの時間もかかります。どのくらいの時間がかかるのかも、最初に声をかける段階で、聞いておいたほうが無難です。
<関連情報:金 節税