家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

Home > 購入 > 家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

家庭用・業務用軟水器イオンソフナー


軟水器の関連情報

軟水器(なんすいき)とは、水の中に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンを、イオン交換樹脂の働きでナトリウムイオンに置き換える働きを持つ装置、または器具のことである。 同じくイオン交換樹脂を使って水中のイオンを全て取り除こうとする(言い換えれば水中の陽イオンを水素イオンに、陰イオンを水酸化物イオンに置き換える)純水器(じゅんすいき)とは区別される。また最近では、意味が拡大解釈されて単に水道水や硬水から軟水を造り出す装置、または器具の意味で用いられることもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

井戸水によっては、たまに水質が悪くなってしまう事があります。かなり以前に作られた井戸などは、かなり老朽化も進んでいますから、水の質が悪くなっている事も少なくありません。特に水の色が変わっている時などは、要注意です。井戸から取れる水が黒い色になっている時は、多くのマンガンが含まれている傾向があります。マンガンが含まれる水を飲み続けるのは、あまり体にも良くありません。ではどうすれば良いかというと、井戸水に対して使用できる浄水器を使ってみると良いでしょう。浄水器は、たいてい水道水の蛇口に取り付けられています。ですが製品によっては、井戸から取れる水にも使うことは可能です。ただ浄水器を検討しますと、費用が気になってしまうことがあります。井戸水に対して使える浄水機器は、それなりに高くなっている事もあるからです。確かに費用はかかりますが、それでもミネラルウォーターよりは安く収まる傾向があります。そもそも綺麗な水を飲みたい時には、ミネラルウォーターという選択肢もあります。その水は安全度は高いですし、普段からミネラルウォーターを使っている方も少なくありません。ですがミネラルウォーターは、やや費用も高くなる傾向があります。都内ならば、2リットル入りのミネラルウォーターは1本100円前後になっている事が多いです。それを毎日買うなら、月間3,000円になってしまいます。上述の浄水機器は、それよりも安く収まるケースが多いです。1リットルにつき10円もかからない浄水機器も多いので、費用を節約したい時には検討してみる価値があります。またミネラルウォーターと違って、重たい水を運ぶ必要もありません。コンビニで2リットル入りの水を買って運搬するのも大変ですが、井戸水に対して使用できる浄水器なら、そこまで運搬は大変ではありません。水の味覚も問題ありませんし、浄水機器は試してみる価値があります。ただし製品によって性能は異なりますし、よく比較して選ぶと良いでしょう。
<関連情報:井戸水 浄水器