英美建設

Home > 住居・家屋 > 英美建設

鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)なら東京・埼玉対応の英美建設


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

鉄筋コンクリート住宅のことなら東京・埼玉を中心に対応している英美建設にお任せください。当社は、コンクリート住宅[通称RC住宅]の建築を得意としておりますので、ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

根本的なことを言いますとコンクリート住宅というのは多くの利点があります。木造住宅よりも、耐震性が高い住宅というのは間違い名です。そこが鉄筋コンクリート製であるということの利点であるといえるでしょう。最近では新築一戸建てでも鉄筋コンクリートの住宅がかなり増えているというのは安心して住むことができるというところに魅力を感じている人が多いからでしょう。但し、コンクリート住宅で注意しなければならないことというのがいくつかありますので覚えておきましょう 。それが空調です。日本は高温多湿の国でもありますのでだからこそ木造住宅などがとても住みやすい環境を作るのに向いているということがあります。ですから、コンクリート住宅にするということは木造住宅の利点を捨てるということでもありますのでその点を覚悟して住むという必要性があるわけです。しかし、昔よりは遥かに通気性が良くなっているということもありますし、空調もしっかりと整備すればほぼ問題ないことになります。その辺りは絶対にケチらない方が良い部分であると言えるでしょう。コンクリート住宅は地震に強いというのは間違いないですし、とにかく雨風に強いのは確かなのですが、だからこそ通気性が悪いというような部分は間違いなく存在しているので空調をしっかりと確保しておくということが良い住宅として使うための最低条件と言っても過言ではないわけです。木造住宅でも三階建てはできるようにはなっているのですがやはり3階建て以上にするというのであればコンクリート住宅にするのが無難です。建物というのは高くなればなるほど安定感がなくなるというのは間違いないわけで、そのあたりが不安な人も多いでしょう。だからこそ、鉄筋コンクリートで土台がきっちりとしている住宅にするということが安心して済むために求められるわけです。コストはかかる事になりますが、木造よりも優れているところはとても多いです。
<関連情報:コンクリート住宅