JACSボートライセンススクール

Home > 学び > JACSボートライセンススクール

東京・千葉で船舶免許・ボート免許なら【JACSボートライセンススクール】


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

船舶免許、小型船舶免許、特殊小型免許、ボート免許を、東京もしくは千葉で取られたい方は、低価格、少人数制、わかるまでサポートのJACSボートライセンススクールににお任せ下さい。女性・シニア・短期集中・プライベートなどコース多数。平日も土日も料金変わらず。

今から実際に、小型船舶免許を取得したいと感じている人は、とにかく優秀な教習所を探して通い続けることが大きなポイントとなってきます。どこの教習所にすれば良いのかが分からなくなってしまったら、適当な教習所を選ばないように気をつけておきたいところです。実際に選んだことがある人の体験談が最も大きな参考材料となるので、最初に必ず確認するようにしておきましょう。経験者の話を身の回りで聞くことが出来るならそれが1番です。そういった経験者が身の回りにいないのであれば、まずは地元で活躍しているような、地域密着タイプの教習所を探してみるのが無難だといえます。地域密着タイプで、いろいろな人たちが通った経歴のあるところなら、安心して利用することができるでしょう。そのようなところも全く心当たりがないのなら、全国規模で見ても有名とされている、百戦錬磨の教習所をインターネット上から探すのが妥当です。インターネットであれば、地域別にリサーチをすることができるので、非常に利便性が高いといえます。それに、実際に小型船舶免許を取得した人たちの話も、個人のブログやホームページから確認することができるでしょう。その人たちが、実際にどこの教習所を利用している傾向にあるのか、そこに注目をすれば、どこで小型船舶免許を取得すれば良いのかが大体わかるようになってきます。選ばれているところをしっかりとチェックし、なおかつホームページに目を向けるのが妥当な手順です。ホームページを調べると、小型船舶免許を取得するまでに、どのような手順を踏むことになるのか、そのカリキュラムの中身や料金を調べることができるでしょう。当然全てしっかり調べて、内容を把握してから、話を進めるべきかどうかを決めることが大事です。1つの業者だけで結論を出す必要はどこにもないので、いろいろな教習所の特徴を見極めてから比較し、最もコストパフォーマンスよく狙い通りの小型船舶免許が取得できる場所を選ぶのが基本となります。