OKC

Home > 学び > OKC

ニュージーランド高校留学・オーストラリア高校留学 | 中・高校留学ならOKC


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド高校留学、オーストラリア高校留学で35年の信頼と実績のOKC。OKCがめざす高校留学は卒業後の大学進学までお伝いすることです。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

日本とニュージーランドの交流は歴史が深く、二国間で様々な条約や取極に調印しています。貿易も盛んに行われていて、2016年における両国間の貿易額は合わせて約64億アメリカドルにまで達しているといわれています。日本からは自動車や電化製品を輸出し、逆にニュージーランドからはアルミニウムやチーズやキウイフルーツなどが輸入されています。観光においても、2014年には約80000人が日本からニュージーランドに訪れています。ところで両国間は、観光や貿易だけではなく学生の留学も積極的に受け入れています。特に高校留学は、多感な時期に日本を離れて海外で生活することで、いろんな可能性を広げられるとして注目されています。また、ニュージーランドは治安が比較的安定しているため、高校留学先として選ぶ人も少なくありません。さらに1980年代ごろから積極的に外国人留学生を受け入れているため、高校留学の制度も整っている点も人気がある理由の1つです。そのため、年間で約1万人の留学生が学んでいるといわれています。中でもオークランドやクライストチャーチは、留学生の受け入れ態勢が整っているため、留学先としてとても人気があります。留学というと、学校に入学する前にあらかじめ語学学校に通って、ある程度の語学を修得することが一般的です。しかしニュージーランドの高校では、留学生のための英語補講クラスを設けているところがほとんどです。そのため、わざわざ語学学校に通う必要はないといわれています。英語の勉強と並行しながら、一般の科目も勉強できるので安心です。また、留学を始めたばかりの頃は誰でも不安になるものです。しかし、ニュージーランドでは留学生に対するケアやサービスの質が非常に高いといわれています。留学生専用のカウンセラーを常設している高校が多く、悩みや不安を打ち明けることができます。教師と学生の距離が近く、困ったときはいつでも頼りにできるので、安心して高校留学生活を送れます。