晃陽学園高等学校

Home > 学び > 晃陽学園高等学校

東京・吉祥寺の通信制高校【晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センター】


高等学校の関連情報

高等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・武蔵野市、吉祥寺駅徒歩2分の通信制高校、晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センターです。アットホームな環境の中で先生とやりとりしながら、マイペースで高校卒業めざして学習できます。

じっくりと東京都内に注目していけば、高卒認定を取得することができる通信制高校に関しても、割と早い段階でピックアップできるようになっています。やはり、高卒認定を取得していない状態で社会についてしまっても、就職で不利になってしまうでしょう。実際に今そのような状況で困っているのなら、早い段階で東京都内で活躍している通信制高校にフォーカスし、その上で願書を取り寄せるようにしておきたいところです。素人判断で適当に選ぼうとしても、個人的に納得できるようなカリキュラムかどうか、その辺がわからないはずなので、とりあえず通った経験者の話に耳を傾けたほうが無難だといえます。特に身の回りで、東京の通信制高校を利用し、卒業した人たちに声をかけられるなら、それが1番だと言えるでしょう。経験者の話を大きな参考材料として聞き入れて、その上で自分自身の考え方も加えながら検討することが大切です。ちなみに、紹介してくれるような知り合いが身の回りにいなくても、インターネットを利用すれば通信制高校のホームページを見ながら検討できるので問題はないと言えます。ネット上からなら、それこそ口コミをチェックできるレビューサイトや、東京都内で活躍中の通信制高校のランキングサイト、そして個人のブログなどもチェックすることができるでしょう。そこに加えて、ソーシャルネットワークサービスから発信されている情報にも注目ができるようになります。ある程度そういったところで名前がピックアップされている有名な東京都内の通信制高校がわかったら、ホームページをダイレクトに調べておくと、必要な情報が手に入るはずです。例えば入学費用がどれぐらいなのかはどうしても気になるところですし、その他にもカリキュラムの中身等に関して調べておくことができます。入学までにかかる時間やプロセスに関しても、ホームページで調べたりできるので、興味がある学校の情報は見逃さないようにしておきたいところです。
<関連情報:通信制高校 東京